超簡単な早漏改善の方法

簡単な早漏改善

今から誰でも超簡単に早漏を改善する方法をお伝えしますね。

もちろん個人差はありますが、早ければ3日程で!遅くても2週間程で!早漏は改善できるんですよ。

ちなみに私自身も1分ももたない早漏でしたが、この方法で「今では15分程」もつようになりましたよ ^^ /

しかも、この方法は早漏改善だけでなく女性をイカせるセックステクニックも上達するんです!

早漏改善は3つのアプローチで効果を発揮!

早漏改善と言えば「ペニスへの刺激トレーニング」が重要だと思われがちですが、実はそれだけではありません。

それだけを行っていても効果は上がってきません。

実は早漏の大きな原因は…

ほとんどの場合、男性の身体機能には問題がなく心因性のものである。性行為の際に女性のほうが性的満足を得るのが遅いため、男性側が自然に任せて射精した場合は早漏となる。また性行為に不慣れな場合は、男性側が自分の性欲をうまくコントロールできないため早漏になりやすい。また若い男性は射精が早い傾向にある。

これらが原因であれば特に心身には問題がないが、女性との関係に亀裂を生じる場合があるため、男性の性的悩みの一つとされている。ただし包茎による刺激への過敏、慢性尿道炎、前立腺の慢性的な炎症など器質的な疾患が見られる場合もある。

これはWikipediaからの引用なのですが、簡単に言えば「早漏は心因性」によるものが大きく、オーガズムに達する時間は男性よりも女性の方が時間がかかると言うことです。

さらに簡単に言えば「早漏は興奮を抑えられなくなった状態」だと言えます。

例えば、ブスとセックスするよりも美女とセックスする方が興奮度が高まって早く射精しやすいです。
また彼女と初めてセックスした時と、彼女とのセックスが飽きたマンネリ状態でセックスする時を比べても、初めてのセックスの方が興奮度が高く早く射精しやすいです。

そして早漏を改善するには3つのアプローチが必要になります…

  • 刺激のコントロール(ペニスを刺激に慣れさせる方法)外的な要素
  • 興奮のコントロール(興奮を抑え射精時間を延ばす方法)内的な要素
  • 射精のコントロール(女性をイカせた後に射精をする方法)技術的な要素

この3つの方法を知ることにより早漏は簡単に改善するんですね。

1. 刺激のコントロール

ペニスが直接的な刺激に慣れていないと早漏の要因の一つになります。

効果が低いトレーニング方法を行っても効率が悪いだけです。

このトレーニング方法は最後にまとめてお伝えしますが、効果的なペニスへの刺激のトレーニング方法がありますよ。次に「興奮のコントロール」です。

2. 興奮のコントロール

興奮の度合いと射精には密接な関係があります。

射精とは「興奮の上昇」と「刺激の継続」が比例して射精に至ります。

下図のように興奮の急上昇を抑えると射精時間は簡単に延ばすことが可能です。

もちろん図の様に刺激が強すぎても射精が早くなってしまいますので、最後の3つ目の「射精のコントロール」も重要になります。

射精のメカニズム

でも… セックス中の性的興奮はどうやって抑えればイイの…???と疑問に思うかもしれません。

男なら一度は聞いたことがあるのが「母親の顔を思い浮かべること」ではないでしょうか?母親の顔を思い出して気持ちを萎えさせるということですね。

ですが経験があるかもしれませんが。こういった状態の場合にはすでに遅く「射精を我慢できる状態ではない」ということです。

頭で考えるよりも「人間の反射を利用して興奮を抑える方法」があります。

例えば熱い物を触ると「自然に手を引っ込める」と思います。後ろから肩を叩かれれば「あまり考えずに自然と振り返ります」よね?これらが人間の反射になります。

この反射を利用することで興奮は簡単に抑えられるんですよ ^^ /

少し医学的な見解から説明すると、男性が射精に至るメカニズムは自律神経に関係します。

自律神経とは「体の臓器の活動を調整するために24時間働いている神経」になります。

  • 体が活動的な場合には「交感神経」が優位に働きます
  • リラックス時には「交感神経」が優位に働きます

具体的に言えば、昼間は「交感神経」の働きが強いために活動的になります。そして夜になるにつれて「副交感神経」の働きが強まり睡眠へと流れていく訳ですね。

それでは、この自律神経と射精の関係性はどうなのでしょうか?

簡単に言えば「副交感神経から交感神経」へ切り替わった時に射精をします。

ですので興奮を抑えるということは、この交感神経への切り替わりを抑えるとこになります。これにより射精時間が延びるという訳なんですね。

この興奮を一瞬で抑える方法も最後にまとめてお伝えしますね。最後に「射精のコントロール」についてです。

3. 射精のコントロール

射精のコントロールには大きく2つあります。

  1. ペニスへの刺激を緩和する挿入のピストンテクニック
  2. 射精をしたい時に自由に射精ができる射精のコントロール

2に関しては「刺激・興奮・射精の3つのコントロール」ができる様になれば、徐々に身に付いてくるテクニックになりますよ。

まずは1を覚えることが重要です。

セックスで女性の膣内にペニスを挿入しピストンをします。普通にピストンをするとペニスへの刺激が100%になるとします。

この100%の状態では刺激が強すぎて早漏になってしまいますし、女性は男性よりもオーガズムに時間がかかるために「女性をイカせられない」というセックスになってしまいます。

先述した通りに、男性よりも女性の方がオーガズムへ到達するまでに時間がかかる事は、医学的な見解からも判明しているんですね。

ですので、挿入中にはペニスへの刺激を100%にするのではなく「緩和させる」ことが重要になります。

例えばペニスへの刺激が100%でなく、50%… または30%程になれば「射精時間も簡単に延びる」という訳です。

この時に重要なのが「ペニスへの快感を緩和させても、女性への快感はしっかりと与えるテクニック」です。

ペニスへの快感を下げるために、女性への快感も一緒に下げてしまうと女性をイカせることができなくなります。

女性も男性と同じように、オーガズムに達するには「継続的な快感が必要」になります。

超簡単な早漏改善の方法!

今までお伝えしてきた…

  • 早漏を改善する方法
  • 女性をイカせるセックステクニック

を教えてくれるのが「AV男優スパーキー佐藤」ですよ。

セックスのスペシャリストのAV男優の秘密のテクニックを知りたくはありませんか?

私もこの方法で早漏改善を簡単に行うことができましたよ!

↓↓↓ 興味があればチェックしてみて下さいね。男性としての一生のスキルが身に付きますよ ^^ /

早漏改善の方法

  • この記事を書いた人
えろっぴ

えろっぴ

以前はFANZAを利用していましたが、楽天提携のDUGAなら「動画が最大50%OFF」になるので現在ではDUGAを利用しています。当サイトは相互リンクも募集しています ^^ /

投稿日:

Copyright© 着エロ|えろっぴ , 2021 All Rights Reserved.